top of page
検索
  • 佐紀子 大宮

ショパンコンクール3次 角野隼人さんを聴いて


稲沢市 おおみやピアノ教室ドルチェ


ショパンコンクールも

佳境に入ってきました。

キャラクターの濃い

日本人コンテスタントが多い今年は

いつものショパンコンクールより

盛り上がっているように思います。

昨日は深夜1時過ぎまで

反田さんの演奏をライブで聴き

少々寝不足です。

角野さんの演奏は

アーカイブで聴きましたが

マズルカとスケルツォ

特に

スケルツォの3番が素晴らしかった。

瑞々しい演奏で魅力がありました。

1次のスケルツォ1番も

とても良かったので

scherzando=気まぐれに

角野さんに合っているのかも

しれませんね。


角野さんの演奏は自由奔放。

アカデミックなショパンコンクールの中では

「異端児」という感じで

新風を吹き込んでいるように感じます。

新しい時代の演奏スタイルとして

個性的で

面白い存在だと思います。

これを審査員の先生方が

どう評価するのか?


結果がとても気になります。


ファイナルに残って

さらに

演奏を聴かせていただきたいです。



稲沢市 おおみやピアノ教室ドルチェ



最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page