top of page
検索
  • 佐紀子 大宮

バッハといえば「オルガン」〜中学でも習うフーガ


稲沢市 おおみやピアノ教室ドルチェのブログです🎹


NHK Eテレで放送されたクラッシックTV

「バッハの魅力」②

今日のテーマは「オルガンを知ればバッハがわかる」


オルガンの名手バッハが極めた

作曲技法が「フーガ」

フーガは中2の音楽の授業で習います。


つまり...

ピアノを習っている子も

習っていない子も


フーガを知り

オルガンを体験しましょう、という事です!


フーガとは

「1つのメロディを追いかけっこして

徹底して最後まで使う」作曲技法。


わかりやすいのが

タイミングをずらして同じメロディを歌っていく

「カエルの歌」ですね!

「カエルのうたが、カエルのうたが〜♪」


フーガの作曲はとっても難しく、

伴奏NG✖️

ハモリNG✖️

などなど、細かいルールがたくさんあるんですって!


そんな難しいフーガを作るのに

向いていたのが「オルガン」という楽器。


ペダルあり、低音あり、手でいろんなことが弾ける

オルガンという楽器があったから

美しいフーガが作曲できた、という訳です。


ピアノ学習者にとって

フーガは必須の教材です!


インヴェンション、シンフォニアの後に

ピアノ学習者が学ぶ「平均律クラヴィア曲集」は

24の全ての調による

前奏曲とフーガで構成されており

「音楽の旧約聖書」とも呼ばれています。


バッハが息子さんのために作った

練習曲なんだそうです。

息子さんへの愛が詰まった曲集なのですね!


小フーガト短調と

平均律クラヴィア曲集の1巻 第1番は

下に動画がありますので

ぜひ聞いてみて下さいね!

いろんなピアニストの聴き比べができて

興味深いです😊

↓ ↓


次回はバッハが作曲するときに

楽譜の最初と最後に

サインのように書いた

「秘密の言葉」について、お話しします。


バッハは何を書いたのかな?

お楽しみに!


中学で習う小フーガト短調

↓ ↓

平均律クラヴィア曲集1巻 第1番ハ長調

いろいろなピアニストの聴き比べです。

ピアニストによってこんなに違う!!

↓  ↓


3人とも年少さんからピアノを習っている生徒さまです。

↓ ↓






お教室YouTubeチャンネル

発表会の動画をアップロードしてあります。

↓ ↓



大内孝夫さんの記事です。

ピアノは受験に役に立つ!

♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪

お教室には2つのブログがあります。

両方覗いてみて下さいね!



お問い合わせはホームページから

↓ ↓










最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page