top of page
検索
  • 佐紀子 大宮

バッハがかいた謎のサイン


稲沢市 おおみやピアノ教室ドルチェのブログです🎹


バッハシリーズ3回目

NHK Eテレで放送されたクラッシックTV

「バッハの魅力」の内容のシェアと

ピアノの教材「インヴェンション」のお話を少し。


皆さん、ご存じでしたか?


バッハの作品には、

ときどきバッハが書き残した

「謎のサイン」があるんです!


曲の最初に、J.J.=Jesu Juva イエズ ユーファ(イエスよ、助けたまえ)

曲の最後に、S.D.G.=Soli Deo gloria(ただ神にのみ栄光あれ)


これはいったい何を意味するのでしょう?


自分の描いた曲は

あくまで神様の栄光であり

その作品を捧げ物として献呈した、という意味なんです。


バッハの「インヴェンション」にも

いろいろなバッハの隠された「意図」が

曲の中に隠れています。


例に挙げるときりがないくらいですが

今日はその中の少しをご紹介しますね。


7番インヴェンションはホ短調で、

へ短調と共に「悲しみ」を表し

バッハにとって大切な調だった。


「受難の調」とも言われています。


2番や11番のインヴェンションの、

右の16分音符の音形

↓ ↓

この右手の音形は蛇のようにぐにゃぐにゃで

「蛇の音形」=「死」の象徴で

「イエスの死」を表すのだそうです。


「イエスが死ぬことによって、人間に永遠の命が与えられる」

つまり

「イエスを信じる者は永遠の命が与えられる」という

バッハからのメッセージだそうです。


このようなことから考えると、

バッハの作曲の原動力は

すべて「神」!!


自分の描いた素晴らしい作品は

あくまで神様の栄光で

捧げ物として献呈されている。


すべて神への深い気持ちから

作曲されているのです。


流行やお金のためでなく

もっと「深いもの」や「遠いもの」

神への畏敬の念が

作曲の原動力だったのです!


バッハのインヴェンションは、

ピアノ学習者が誰でもやるべき

大切な曲集です。


私自身

子どもの時は意味も解らず弾いていました😅


しかし、

インヴェンションは(平均律と比べると)シンプルですが、

その中にも

バッハの神様への深い気持ちが隠されていたのです。


年齢を重ねた今の自分が

インヴェンションを弾いてみると

深くて神聖な気持ちになります。


シンプルなのに奥が深い!

バッハの偉大さをあらためて感じます。


ホームページは

↓ ↓ ↓


蛇の音形。インヴェンション2番

↓ ↓


3人とも年少さんからピアノを習っている生徒さまです。

↓ ↓





お教室YouTubeチャンネル

発表会の動画をアップロードしてあります。

↓ ↓



大内孝夫さんの記事です。

ピアノは受験に役に立つ!

♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪

お教室には2つのブログがあります。

両方覗いてみて下さいね!



お問い合わせはホームページから

↓ ↓











Comments


bottom of page