top of page
検索
  • 佐紀子 大宮

ピアノが上手になりたい人、読んでね!




稲沢市 おおみやピアノ教室ドルチェのブログです🎹


レッスンでよくあること

生徒さまが

弾けないところがあって

「ここから弾いてみてくれる?」というと


「えーっ?最初からの方が

弾きやすい!」

途中から弾こうとすると

指も音もわからなくなって

弾けなくて立ち往生!

「もしかして…


おうちで部分練習ってやったことない?

全体通す練習しかやってないのかな?」

と聞くと

お子さんたち

ニヤリと笑って

「うん」と答えられます。

当たり!!

図星だね~~!

途中から弾けないのは

部分練習していないからなのです。

部分練習って面倒だし

通して弾いた方が

面白くて楽しいよね♪

でも、通してばかりだと

ピアノは上達しないのです!

部分練習が必要な理由

思いつくだけでも

4つあります。

<理由その①>

1つの曲の中には

難しいところや

弾けないとこが

2~3ヶ所以上はあります。


最初からばかり弾いていると

最初ばかり上手になり

弾けないところが

いつまでも弾けないままです。

上手なところ=大学生レベル

下手なところ=幼稚園レベルだとすると

幼稚園さんが頑張って

大学生さんに追いつかないと

いけないのです。

通し練習ばかり=幼稚園も大学生も同じ回数の練習量

となるので

幼稚園さんと大学生さんの

差は縮まりません。

幼稚園さんが

早く追いつきましょう!


<理由その②>

通して弾くと

人間は細かいところまで

気をつけることができません。

とても大雑把になります!

できないところだけ取り出して

指番号や音の間違いを

注意深く直しましょう!

そして

そこだけ、まず覚えましょう。

注意力、集中力の訓練は

小さなパーツから。

部分練習と

通し練習を

バランスよく行う。


これが鉄則です!

<理由その③>

自動車でも

時計でも

素晴らしい製品は

1個1個の部品もピカイチです。

部品が不良品だと

良い製品は産まれません。

細かいところまで

部品が磨きこまれると

全体も美しくなります。

ピアノの演奏も同じです。


<理由その④>

発表会などで、

もし途中で止まってしまった時

最初からもう1度弾き直すことは

聴いているお客さまに

失礼です。

止まったところから

弾けなければ困ります。

トカゲの尻尾みたいに

どこで切っても

弾けるようにしておきましょう。

面倒だなぁ…

はじめからの方が弾きやすいよ…

なんて言わないで

毎日コツコツ

部分練習してね!

その積み重ねで


素晴らしい作品(演奏)が

生まれますよ。

稲沢市 おおみやピアノ教室ドルチェ


♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪


大内孝夫さんの記事です。


ピアノは受験に役に立つ!



♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪


LINE登録&スタンプ送信

お問い合わせやご質問も

LINE公式で


クーポンや情報など

お得がいっぱいです。


登録とスタンプ送信は

↓ ↓

♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪







♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪


お教室には2つのブログがあります。

両方覗いてみて下さいね!








Comments


bottom of page