top of page
検索
  • 佐紀子 大宮

ピアノで「人のお話が聞ける」お子さんに


稲沢市 おおみやピアノ教室ドルチェ


ピアノのレッスンは

ピアノの音を聴くので

脳が発達する、ということは

よく話題になります。


確かに

楽譜を見る→指を使ってピアノを弾く→音を聴く

この一連の動作で

脳の神経回路が

形成され、

前頭前野が発達する。


しかし、

私はこれだけではないと

思います!


レッスンの時に

先生が言うことをよく聞いて

何を直さないといけないのか

考えてから

弾き直しをする。


これは

落ち着きがないのが

(年齢を考えれば)当然の

お子さんたちにとって

素晴らしいトレーニングだと

思います。


レッスンの時

「ここはこういう風に

弾いてみた方がいいよね」と

私が弾こうとすると


きちんとお話が聞けるお子さんと


残念ながら・・・

慌ててしまうのか

先生が弾いているのを

全く見ようとしないで

自分がもう1度弾こうとしてしまう

お子さんがいます。


こんな時、

注意深く先生の音を聴き、

手の形などを見て、

真似して欲しいのです。


それには

目も、耳も、頭も

使わなければなりません。


五感をフル回転させて

集中して

聴きとる、見る、考える。

ピアノの個人レッスンならではの

とても素晴らしいトレーニングだと思います。


それができるお子さんは

きっと

学校の授業などでも

先生のお話を

集中して聴き

学びとることができると

思います。


当教室では

慌てん坊さんのお子さんに

まず、

「先生のお話を聞けるようにしようね」

ということを目標にしています。


お子さんにとっては

難しいことですが

これはお子さんにとっては

とても為になるトレーニング。


これが出来ると

勉強などの他のことも

集中して

注意深く

出来るようになると思います。


これ以外

ピアノを学ぶメリットは

書ききれないほどありますが・・・


ピアノは

お子さんにとって

本当に学びの多い

習い事だと思います。


稲沢市 おおみやピアノ教室ドルチェ



Comments


bottom of page