top of page
検索
  • 佐紀子 大宮

ピアノを通してお子さんの「自立」に成功!~子育て

稲沢市 おおみやピアノ教室ドルチェのブログです🎹


〜ご家庭でのピアノの練習風景


お子さんが譜読みしているときに

つい、じれったくなり

「次の音はドよ、指番号は1よ」

などと

教えてしまっていませんか?


教えてしまうと手っ取り早く、

さっさと練習が終わりますが


お子さんの譜読みの力がつかず

良くないです・・・


しかも


お子さんはお母さまを頼ってしまい

完全に受け身!


お母さんが教えてくれるのを

待つようになり

1人で練習できなくなってしまいます。


我慢強くお子さんを見守り

克服されたお母さまのお話です。


4年生のAくんの例。


課題曲のバッハのインヴェンション8番を

譜読みをすることになりました。


インヴェンション8番は

A君にとっては難しい曲で

ハードル高い!!

譜読みがとても大変!


〜譜読み開始から1週間

レッスンで見せていただいたら・・・

指番号がほぼ全て

楽譜と違っていました!


が~ん!!


これを修正するのは

容易ではないなぁ~~と

感じました。


ところが・・・


〜譜読み開始から2週間

A君の指番号がほぼ直っていました!


え?すごいじゃない!

どうして?


たった1週間で

ここまで修正できたのは

かなり

お母さまも手助けして直されたのだろうと

思いきや、、、


何と!

A君が自力で全て直したとのことです!!


偉~い!!!!


本人も偉いけど

助け舟を出さなかったお母さまも偉い!!

かなり辛抱が必要だったと思います。


お母さまが手を貸さなかった理由を

語って下さいました。


「子どものためと思って、

手取り足取り教えてしまっては、

親がいないとピアノを弾けない子になってしまうと

思ったからです。」


「実際子どもに譜読みさせてみて、

もどかしく思うこともありますが、我慢しています。」


「親が口出しばかりしていると、

最後は親の能力を越える可能性はなくなるでしょう。」


いったん間違えて覚えてしまった

指番号の修正・・・


特にインヴェンション8番のような

複雑な曲は


子どもさんの力だけで直すのは

想像以上に大変だったと思います。


それを根気強く見守っていたお母さまは

「あっぱれ!」だと思います。


お母さまが、口出しを減らすようにしてから

曲に想いを込めて

弾くようになったとのこと。


「間違いも多く、好き勝手に弾いていますが、

以前より楽しそうです。」


子どもはいつか「親離れ」するもの。

子どもを自立させる

タイミングを見計らうのも難しいですが


親も子離れしなければいけませんね😅


転んでも

進歩が遅くても


子どもは

自分の足で歩くうちに、力をつけていきます。


手を貸さずに

子どもさんをじっと見守る辛抱。。。

大変ですが、大切ですね。


2人の子育て経験から私が学んだことは

「子育ては忍耐!!」でした(笑)



ホームページ

↓ ↓


LINE登録&スタンプ送信で

体験レッスン3000円→1000円

入会金7000円→6000円

お問い合わせもLINEのトークで

↓ ↓ LINE公式


♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪


ブルグミュラーコンクール

↓ ↓

発表会より

↓ ↓



お教室YouTubeチャンネル

発表会の動画をアップロードしてあります。

↓ ↓



大内孝夫さんの記事です。

ピアノは受験に役に立つ!

♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪

お教室にはもう1つブログがあります。

こちらも人気記事がありますので覗いてみて下さいね! ↓ ↓

お問い合わせはホームページから

↓ ↓























Comments


bottom of page