top of page
検索
  • 佐紀子 大宮

春休みの練習方法について


稲沢市 おおみやピアノ教室ドルチェ


暑くもなく寒くもなく

心地よい季節ですね。

ピアノの練習も

1年で最も快適に行える季節です!

時間的にも比較的ゆとりのある

春休みに

ピアノも進歩させたいものです。

ところが・・・

長いことピアノに向かっているのに

ちっとも練習が捗らない・・・

何曲かあるのに

毎日決まった1曲しか練習しない・・・

などなど

効率の悪い練習をしている方を

お見かけします。

それでは

どんな練習をしたらいいのでしょうか?

私がお勧めしているのは

「暗記ものを覚えるような練習法」です。

暗記ものの勉強って

1度に長時間

覚えようとしませんね!

お風呂に入りながら・・・

トイレに入りながら・・・

何かしながら・・・と

何度も何度も反復します。

ピアノもその方法で

短時間✖️回数を繰り返す


この方法が上達します。

→あくまで私個人の考えですが・・・

もちろん

人によって

練習方法は違いますし

いろんな方法があると思いますが

私のオススメは

「身体と手に何度も刷り込むように」


ピアノの練習って

頭で考えていることや

心で感じていることを

手と身体を使って

音にするので

脳と手の神経回路を

繋ぐ作業です。


ちょうど

ワンちゃんに

「お手!」とか「お座り!」とかを

覚えさせるのと同じ考え方です。


反復しないと

手が記憶してくれません。


それでは、

具体的に

どのように??


午前と午後に分けて

2日分練習します。

そして

3曲宿題の曲があれば

1つの曲ばかり練習せず

ローテーションで

どの曲もまんべんなく

回していく方が効果的です。

<まとめ>

ピアノの練習は

暗記ものの勉強と同じで

回数を重ねる!!

この方法で

春休みは1日に2日分

練習してみてね。


夏の発表会の曲、

学校が始まり忙しくなる前に

ある程度

形にしておきましょう♪


稲沢市 おおみやピアノ教室ドルチェ


チェンバロってこんな音

↓ ↓









最新記事

すべて表示

Opmerkingen


bottom of page