top of page
検索
  • 佐紀子 大宮

楽譜選びは大切~同じ曲でもこんなに違うよ!



稲沢市 おおみやピアノ教室ドルチェのブログです🎹


同じ曲でも楽譜によって全く違う!


楽譜によって書いてあることが全然違うから、楽譜のチョイスで演奏が変わる!


今日のテーマは「楽譜」


ピアノ学習者が必ず学ぶべき大切な教材である

バッハ・インヴェンションを例にとってお話しします。


皆さんはインヴェンションを練習するときに、

どの楽譜を選ばれますか?


クラッシックの演奏家にとって

楽譜は「神聖」なもの。

楽譜をよ~く見て、忠実に再現しないといけないわけですが…

その楽譜がこんなに違うのです!


まず、ざっくり分けるとバッハの楽譜は

原典版と校訂版に分けられます。


🔴原典版はバッハの原稿に忠実に作られた楽譜。

表紙に「URTEXT」と書いてあります。


バッハの原稿には

強弱もスラーも速度表示も、な~んにも書いてありません。


<理由>

バッハの時代はまだピアノはなく、オルガンかチェンバロしかありませんでした。

チェンバロは爪で弾くことで弦を振動させて音を出す「撥弦楽器」だったので強弱がつかなかった。

だから強弱が書いてないのです。


チェンバロは長い音も延ばすことができないため、長い音はトリルになっています。


しかし、強弱が書いてないからといって「強弱をつけなくて良い」ということではありません。

音の高さの変化や、調性、パートの違いなどで、

強弱や音色を変えなければならないのです。


🟡校訂版は、いろんな研究者や先生方が「ここはこうしたら?」とアドバイスの気持ちを込めて、強弱、速さの表示、スラー、奏法などを書き込んだ楽譜です。


海苔に例えれば、

原典版は「焼き海苔」校訂版は「味付け海苔」。

味付け海苔はメーカーの味つけによって違います。


それでは実際にどのように違うのか?

バッハの5番インヴェンションを例にあげてみます。


例:インヴェンション5番


1番上の原典版

何も書いてありません。


2番目はハンス・ビショッフ校訂版

Allegretto espressivo dolce p(速めに、表情豊かに、柔らかく甘く、弱く)


3番目は井口基成氏校訂の春秋社版

Allegro risoluto energico f(速く、決然と、キッパリと、エネルギッシュに精力的に、強く)


<違い>

ビショッフ版「アレグレット・速めに」⇄春秋社版「アレグロ・速く」

ビショッフ版「表情豊かに」⇄春秋社版「キッパリと」

ビショッフ版「柔らかく甘く」⇄春秋社版「精力的に」

ビショッフ版「弱く」⇄春秋社版「強く」


え~、真逆じゃない!?

ビショッフ版だとエレガントなイメージ

春秋社版だと力強くエネルギッシュです!


音楽の感じ方は人それぞれですが、

校訂版を使う場合は1つの楽譜を盲目的に信じるのではなく、

他の校訂版と比較してみることは大切なことですね。


「こういう考え方もあるんだなぁ~」と良い勉強になります。


それでは実際、

バッハの楽譜選びはどうすれば良いのでしょう?


原典版を使うのが理想ですが、

初心者がいきなり、何の指示もヒントもない原典版を使うのは大変です。


指遣いなどが弾きやすい校訂版を1つ選び、

他の校訂版をもう1つ弾いてみるのが理想です。


慣れてきたら原典版に移行するのがベストかな?


同じ曲でもかなり違うので、

校訂版を使うときは注意が必要である、

ということがお分かりいただけたと思います。


<参考>

原典版=URTEXTと書かれている楽譜。

ヘンレ版、ウィーン原典版、ベーレンライター社版など


校訂版=春秋社版、ブゾーニ版、ビショッフ版、ツェルニー版などの他、

いろいろな先生方の校訂版が出ています。

〇〇校訂と校訂した方の名前が書いてあります。


チェンバロ

↓ ↓

インヴェンション8番

↓ ↓

お教室YouTubeチャンネル

発表会の動画をアップロードしてあります。

↓ ↓



大内孝夫さんの記事です。

ピアノは受験に役に立つ!

♪~~♪~~♪~~♪~~♪~~♪

お教室にはもう1つブログがあります。

こちらも人気記事がありますので覗いてみて下さいね! ↓ ↓

お問い合わせはホームページから

↓ ↓











Comments


bottom of page