top of page
検索
  • 佐紀子 大宮

ピアノの上達に不可欠なこと〜肩の力をぬく


稲沢市 おおみやピアノ教室ドルチェのブログです🎹


ピアノを弾く時、肩を上げて弾いていませんか?


肩が上がるということは、肩に力が入り、肩で支えて弾いているのです。

身体のどこかに力が入っていると、響きの良い音は出ません。


こんな方を時々お見かけします。

✅セミのようにピアノにしがみついている

✅ピアノに支えてもらって弾いている


重症になるとこのようになってしまいますね。

肩が上がるのが「良くないこと」だと分かっていても、

意識だけでは、なかなか治らないものです。


どうしたらその癖が治るのかしら?と思っていましたが...

トレーニングで大きく改善することが分かりました。


ボストン在住のピアニストで米国公認アレクサンダーテクニーク講師

塚本晶子先生から、そのトレーニングを学びました✨


このトレーニングを行うと、肋骨や上後鋸筋というインナーマッスルで上半身が支えられるようになり、身体が前傾しなくなるのです。

支える場所が肩ではなくなる→肩の力が抜けるから、

演奏していても疲れなくなり、響きの良い大きな音も出るようになります。


それでは、アレクサンダーテクニークの具体的なトレーニング方法をご紹介します。


🟡トレーニングA~肩甲骨を緩めるトレーニング

ポイント:ゆっくりと5セットくらい行うこと。


上後鋸筋(じょうこうきょきん)のような内側の筋肉(インナーマッスル)を意識して、

肩甲骨を緩めるトレーニングです。

①手を「前へならえ」のように上げる(写真下)→身体の軸をまっすぐにして、頭を上へ上へ。力を抜いて行う



②肘から折って寄せる(写真)



③手を外側へ広げていく(下の写真)


④そのまま手の平を外側へ向ける→肩甲骨が寄ることを確認


そうなんです!手に平を外側へ向けると、背中の肩甲骨が寄るんです。

初めて体感した時、不思議でした。



⑤肩の力を抜いて手のひらを外側へ向けたまま、下げる(肩甲骨が寄っている状態で下げる)



肩甲骨が横に広がる→寄せる→下がる、の3つのパターンを実感する。

これを5セット、ゆっくりゆっくり脳にインプットしながら行います。


このトレーニングをやった後は、肩甲骨ご緩んでいるので

オクターブや大きい音が出しやすくなります。


🟠トレーニングB~肩のエクササイズ

ポイント:30秒くらい腕を上げる✖️1日10セットくらい。


肩のエクササイズは、肩の上下の動きと肋骨を結びつけるトレーニングです。

実は、肋骨と肩は繋がっているのです。

①片腕を前へ伸ばして、肘をもう片方の手で支えて手首をくるくる回して手首の力を抜く。手首の部品を分解すると手首の力が抜ける(写真)



②部品が動き出すと、肩という大きな部品も緩んでくる。


③手首が柔らかくなってから手を横へ広げる。

ピアノの椅子を鍵盤から離して後ろにし、鍵盤の幅くらい手を広げ、高さも写真くらい。斜め45度くらいに、肩に力が入らないように腕を上げる。


これは、ピアニストには効果があるエクササイズで

「肋骨が上半身を支えているか?」を意識しながら、上後鋸筋などインナーマッスルを鍛えるトレーニングです。


肋骨を支えている事と、

肩の上下の動きが結びついてくる

上半身が支えられるようになるので、身体が前傾しなくなる。

肩の力が抜けるから疲れなくなる。


このトレーニングを3年生のお子さんに実践してみました。

上がっていた肩がストンと落ち、とても大きな、響きの良い音が出ました👍


頭で分かっていても身体はいうことをききません。

適切なトレーニングで改善していく必要があります。


皆さんも毎日継続してやってみてください。

ピアノのレッスンの

お問い合わせ

↓ ↓


ピアノは、お子さんの成長に素晴らしい影響を与える、優れた習い事です。

これはピアノは10指を使い、耳を使い、脳を鍛えるからです。

小さい時から音楽経験をすることが

非常に大きな効果があると言われています。


また、大人になってからも一生の趣味として

楽しみ続けることができます。


お教室の生徒さんの演奏動画

いずれのお子さんも年少さんからピアノを始められました。

↓ ↓





お辞儀の仕方などの「ステージマナー」の記事は下記URLをタップ

↓ ↓



お教室YouTubeチャンネル

発表会の動画をアップロードしてあります。

↓ ↓



大内孝夫さんの記事です。

ピアノは受験に役に立つ!


お問い合わせはホームページから

↓ ↓





Comments


bottom of page