top of page
検索
  • 佐紀子 大宮

音楽トレーニングは早いほど良く、長く続けるほど良い


稲沢市 おおみやピアノ教室ドルチェのブログです🎹

私は「胎教」について

長い間

半信半疑でした。

ところが・・・

「音楽と脳」の勉強し

その認識が

間違っていることが判りました。


下のグラフは

ピンクの四角い部分が

生後1年以内に該当します。


このグラフを見ると

下記のことが判ります。


黄色が視聴覚神経:生後3~5ヶ月がピークで満1歳でずいぶん下がり6歳で大人レベル。

紫の言語神経:生後7ヶ月~9ヶ月がピークで6歳で大人レベル

赤の高度な認知機能:満1歳~2歳がピークで15歳で大人レベル


3つの項目のピークが

少しずつズレていますね。

胎児

胎児の聴覚は

妊娠後期から急上昇しているおり


胎児は妊娠後半に聴いた曲を1年覚えている。

☆胎児はリズムを感じられる


ということが判っているそうです。


妊娠後期から赤ちゃんの聴覚は

かなり高度に発達するということを知り

胎教に関する認識も

変わりました。

新生児

生後1日~3日の新生児を

MRIスキャナの中で

3種類の音楽を聴かせた実験。


生後1~3日の赤ちゃんも

協和音と不協和音がわかる!


☆協和音を好み、長調の音楽を快適に感じ

 右大脳半球(右脳)で聴く。


☆不協和音や短調の音楽は快適に感じず

 左大脳半球(左脳・言語野)で聴く。

 つまり言語処理能力が既に使われている。


☆ピッチ(音の高さや抑揚)にとても敏感


<結論>

☆人は胎児の時から聴覚を駆使して

 脳内で音や音楽を聴き分けている。


右大脳半球で安らぎ

 左大脳半球で言語能力や知的活動が始まっている。

胎児の時から

モーツアルトなど

長調の調性音楽で右半球を刺激し


短調の音楽で左半球を刺激し、


「知」と「情」両方の開発を

音楽によって助けましょう。


新生児が

長調と短調を聴き分けることも

脳の別な場所で処理することも

驚きですが

生後1~3日で

左大脳半球の

言語処理能力が使われているとは...


胎児・新生児の脳と聴覚の発達は

驚きとともに

神秘的にも感じます。


アメリカで音楽と脳科学の論文を

研究している河村まなみ先生の結論

↓ ↓


刺激を与え続けることによって

赤ちゃんの脳は

さらに高度に発達する。


それなら

音楽トレーニングは

早く始めると良いですね。


河村先生曰く

『早く始めて長く続けるのが

 脳に効果的』


これは実証済みなのだそうです!

稲沢市 おおみやピアノ教室ドルチェ


🎵 … 🎵 … 🎵 … 🎵 … 🎵


 

当教室では

5月キャンペーン中!

ピアノを体験するチャンスです♪

4/30〜5/15

期間中に

LINE登録&スタンプ送信の方

先着3名(2名さまになりました)

7000円お得なクーポン

プレゼント中🎁

LINE登録&スタンプ送信も

お問い合わせやご質問も

LINE公式で

↓ ↓

ホームページは

↓ ↓

お教室には2つのブログがあります。

両方覗いてみて下さいね!


稲沢市 おおみやピアノ教室ドルチェ

YJPC(ヤマハジュニアピアノコンクール)

2次選考、4名の生徒さま全員が入賞され

1名がセミファイナル進出が決まりました。

↓ ↓


Comments


bottom of page