top of page
検索
  • 佐紀子 大宮

真ん中のペダル(ソステヌートペダル)って何に使うの?

グランドピアノのペダルについて、

真ん中のペダルって何に使うの?

疑問に思われたことはありませんか?


右のペダルは皆さんお馴染みのダンパーペダル

音を響かせるためのペダルです。

ダンパーペダルを踏むと、

弦の上に載っている

黒いかまぼこみたいなダンパーが上がり

弦が振動し続けるので音が響き続けます。


ペダルを上げると黒いかまぼこ(ダンパー)が

弦の上にパッと下りて弦の振動を止めるため

響きが止まります。


右のペダルは踏むのが難しいですね!

①踏み替えが悪いと濁りますし、

②同時に踏むと濁るので

タイミングを少し遅らせて踏む場合もあります。

③同時に踏むアクセントペダルもあります。

④弱音の時は下まで踏み込みすぎると

響きすぎて大きくなってしまうので

ハーフペダルにしたり、

⑤細かく足を振動させるビブラートペダルもあります。


左のペダル「弱音ペダル」で、

u.c. ウナ(1つの)コルダ(弦)という記号の時に踏むペダルです。

これを踏むと鍵盤が横にずれ、

3本ある弦のうち2本しか打たなくなるので

音が小さくなる、という仕組みです。


t.c.(トレ・コルデ)という記号の時に

弱音ペダルを取るのですが、

「取れ!」がイタリア語の「トレ(3つの)・コルデ(弦)」

と同じ発音なので、覚えやすいですね!🤗

さあ、いよいよ真ん中のペダルです☝🏻

真ん中のペダルはソステヌートペダルという名前で、

ある特定の音だけ保持して響かせることが出来る✨

ペダルです。


どういう仕組み?

どんな曲のどんな場合にソステヌートペダルを使うのか?

を、実にわかりやすく解説している

ピアノ調律師さんが作られた動画がありますので

是非これを機会にソステヌートペダルのことを知って

理解してくださいね!

踏んでみると面白いですよ!😄






愛知県稲沢市 ピアノ教室ドルチェ

LINE公式アカウント

Comments


bottom of page